飛騨高山便り

飛騨古川〜ぼんぼりゆめ街道〜
























昨日のおでかけ。

飛騨古川「ぼんぼりゆめ街道」という灯りのイベントに行って来ました。

高山から車で約30分のところにある町です。


手作りのぼんぼりが通りにずらりと並んでいました。

























地元の園児たちの作品も沢山並んでいました。

色鮮やかにのびのびと描かれた作品を、
ひとつひとつ見てきました。



【旧・河合療院の玄関】




ここは町医者だった河合さんの家。

1本先の通り壱之町で手織り工房を開いてみえる河合由美子さんの作品です。

河合さんはここのお医者さん(先代)の娘さんでもあります。

優しい色合いの手織り布とろうそく・ほおずきのコラボレーション♪


玄関先に説明書きがありました。


◇―――◆―――◇―――◆―――◇―――◆―――◇―――◆―――◇

    復興への祈り  甦 ―ともに―

            平成23年9月17日(土)18日(日)  旧河合療院於


   3月11日の震災から半年がすぎました。 その後に続く台風12号の惨状。

  自然の猛威の前に私たち人間はなすすべはありません。

  水は清し、水は美し、されど水は強し、水は恐し、この現象が示すこと・・・。

  自然の中で生かされ、育まれ、自然の一部である人間。日は沈み、日は昇る。

    織りは祈り、想いのあらわれ。

   自然とともに、遠く離れた地の民とともに、化学とともに・・・。

   かつてたくさんのいのちが誕生した旧河合療院で、お蚕さんのいのちをいた

  だいた手織り布と草木の恵みから作られた和ろうそく、化学の力で生産された

  洋ろうそく、鬼灯(ほおずき)に次なるを託し、オブジェを表現いたしました。


             古川町壱之町5-12  手織り由布衣工房  河合由美子拝

◇―――◆―――◇―――◆―――◇―――◆―――◇―――◆―――◇


織りは祈り 想いのあらわれ・・・

私たちは日々いろんなことを考えながら生きています。
時間は絶え間なく流れてゆきます。
そして時代も移り変わっていきます。
私たちの「想い」は受け継がれていきます。
この町・・・飛騨の町は、
何か「変わらないもの」を感じさせてくれるように思いました。

何の変哲もない毎日でも、
一日一日を積み重ねて一年が過ぎてゆきます。

“今日という日に感謝を”

そんな想いを重ねて過ごしたい・・・そんな事を思いました。


JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
 

まんてん泡水



今日から9月のはじまりです〜♪

9月といっても・・・まだまだ暑いね〜 


このブログの記事を見ると・・・


ありゃ???

もう10日も更新しとらんにかな・・・



マメなきよしレポーターどしたんやろ???


も、もしかして・・・ピンチなんやろか・・・ ウウウ・・・

  


という訳で、、、

ピンチヒッター  もりもっこり星人参上っ 


みなさん、

暑いですよね???


暑いですよねっ???


これどう???




ご当地サイダーですょっ


【飛騨高山 まんてん泡水】

飛騨の清らか〜なお水で作ってあるでかな?

後味すっきりさわやかです!!!

製造元は・・・ 山一商事さんです。

HPもあるょっ!!!( ↑ クリックすると飛びます)

な〜るほどっ!

モンドセレクション最高金賞を受賞したお水で作ってあるんやって

そんでかぁ〜


当館売店でも販売しております。

お風呂上がりにいかがですか?

もちろんお土産にもっ♪



では、

きよしレポーター次回はよろしくね♪



JUGEMテーマ:ソフトドリンク


■飛騨牛まん

こんにちは。

毎日暑いですねぇ〜。

この時間になると、

ちょっと涼しい風が吹き始める飛騨高山。

お盆も過ぎれば…もう秋の気配を感じられるかも?


さて今日は、

ウチのべんこくさい(小生意気な…の飛騨弁)相方が、

グルメレポーターを努めます





古い町並界隈には、

飛騨牛まん を売っているお店がいくつかあります。


 安川通りのお店に行ってみました


 お店の前には、

 でっかいのれんがあります。


 「こんにでっかい看板の前で食べるの?」


 「あ〜、
 
 こやってかぶりつくのが夢やったんやさぁ〜


 「あっ、
 
 ところでコレいくらやった?」

   〜 420円でしたょ  〜

  べんこくさいレポーターはかなりお喋りです

  
 
 「何っ!420円っ!

 オレのお小遣いでは食べれんにかっ!!!」


  〜 君、最初っから出す気なかったでしょっ 〜


















「ほぉ〜れっ!

 中には 具がい〜っぱい!入っとるんやょ!」


飛騨高山に来たら食べてみてなっ


「あっ! そやそや、 泊るんやったらぁ〜 宝生閣


「あっ! そんでもひとつっ!

 オレの着とる甚平なんやけど、

 これはな、

 宝生閣の売店で買って貰ったんやさ〜♪


 赤ちゃんのサイズからオレくらいのサイズまであるょ!

 ちなみにオレのサイズは1130センチなんやけど、

 母ちゃんがでっかいヤツにしんと来年着れんでって140センチにしたんやさ〜。

 1着3,150円ですっ!

 これがまたな〜涼しいんやでぇ〜・・・・・・・・・・・(機関銃のように続くのでフェイドアウト)




飛騨高山にはおいしいおやつがいっぱいあります

今日はそのうちのひとつ「飛騨牛まん」のご紹介でしたっ☆

古い町並で「食べ歩き」を楽しんでくださいね♪




◇◆◇――――――――――◇◆◇――――――――――◇◆◇――――――――――◇◆◇

〜宝生閣のおすすめプラン〜


家族揃って飛騨牛しゃぶしゃぶ☆【家族謳(かぞくおう)】プラン

 
 夏休み期間中の特別プランです!

 大人2名様につきお子様1名様が無料になります!

 (お子様の追加料金は@10,500円です)

 夕食は ご家族で飛騨牛しゃぶしゃぶをお楽しみください。



【参考料金】
                                       飛騨牛の量
 ☆大人2名様+お子様1名様=42,000円         400g
 ☆大人2名様+お子様2名様=52,500円         480g
 ☆大人2名様+お子様3名様=63,000円         550g 
 ☆大人3名様+お子様1名様=56,700円         600g
 ☆大人3名様+お子様2名様=67,200円         700g  
 ☆大人4名様+お子様1名様=67,200円         780g



このプランは1泊2食付きです。
お部屋は和洋室をご用意します。

詳しくはプラン詳細ページをご覧くださいませ。


このほかにもいろいろなプランがございます。

是非HPをご覧ください。

 宝生閣HP http://www.hoshokaku.co.jp


◇◆◇――――――――――◇◆◇――――――――――◇◆◇――――――――――◇◆◇


JUGEMテーマ:ご当地グルメ
 

和すぃ〜つ☆〜アイスまんじゅう♫


















これな〜んやとっ

答えは・・・

アイスまんじゅう ですっ


宝生閣の下にある神明駐車場の向かいにあるお店

 『みずま』さんで見つけたょ!


想像しとらしと、
ガブリっと行ってみましょ



うんまぁぁぁぁぁいっヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪

抹茶味のアイスなんやけど、
真中にごっそり!!!つぶあんが入っとるの♫

ってよりもぉ〜、
つぶあんをアイスで包んだって感じやな〜


おすすめですっ☆


☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆

しとしと雨が上がって、
今日はとってもいい天気っ

急に休みがとれたなら…行ってみたいな♪飛騨高山

お値打ちに旅するなら…こんなプランがおススメ☆


もっと気軽に♪
≪ぶら〜り飛騨高山≫和室プラン


夏休み前なら…

 平日 2名様1室利用時 おひとり様 @12,600円
     3名様1室利用時 おひとり様 @10,500円

   ※休前日は上記料金の@2,100円増です♪

宮川沿いの小道は、
涼やかな風が吹いて気持ちい〜よ〜


この他にも、
宝生閣HPにはお得なプランがいっぱい!
HPもどうぞご覧ください。


☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆―――☆

今日のレポは…
子供の頃からあずきバーが大好き♪なもりもっこり星人☆がお送りしましたっ

7月1日は井村屋あずきバーの日



JUGEMテーマ:アイス
 

6/19・・・朗読の日♪

















6月19日は何の日???


まっ、
まさかなぁ〜(´-ω-`;)ゞ・・・とは思ったんやけど・・・


やっぱりそうでしたっ

ろく と く

ろー とく

ろうどくっ


ゴロ合わせもばっちりですヾ(●´∀`●)ノ


  朗 読 の 日  



私が最近読んでいるのは・・・   「 金 森 史 」

ここ飛騨高山を城下町としての基礎を築いたのが 金森長近 です。


















【当館すぐ近く!城山公園にある金森長近公の像】


戦国時代、

豊臣秀吉の命をうけて飛騨へ入ったそうです。

その金森公六代の歴史、伝説、足跡が記された本で、

昭和61年…

金森長近が飛騨一円を平定し、

豊臣秀吉から領国を賜ってから400年目にあたる年に作られました。



金森長近が18歳の時、

尾張の織田信秀に仕え、

信秀の子「吉法師(のちの信長)」の養育係になりました。

天下統一にむけて情け容赦なく豪勇果断を貫き通す信長、

その主君信長に常につきそい戦場をかける長近。


桶狭間の戦い」では、

4万ともいわれる今川義元勢を相手に、

たった3千の信長勢が勝利を収めました。

長近は、

信長の親衛隊の若武者として評価されるまでになりました。


比叡山延暦寺を攻め、

伊勢長島一揆を討伐し、

長篠の戦に勝利し、

越前一揆を討伐…

繰り返される残忍な行為。


「本能寺の変」で主君を失い、

その後、仏道に入りました。(長近法印要仲素元となる。)


多数の人々を殺め、

また、長男の長則を失い、

戦国武将としての反省もあり、

信長に求めてなお求め得られなかった「慈悲心」にふれたい…そう心に決め、

大徳寺百十一世春屋宗園禅師について得度した…と書かれてあります。

禅僧について、

禅道と茶の湯を学び、教養を深めました。



信長亡きあとは豊臣秀吉に仕え、

その豊かな人生経験と教養により、

秀吉の咄衆(はなししゅう:主君の咄相手となる者)となります。


秀吉が亡くなって後は家康に仕えることになります。

家康とは織田信長に仕えていた頃に知り合っていたため、

より一層親しい付き合いをしたそうです。


関ヶ原の戦い」で東軍に属して戦った功績により、

飛騨一円(約3万8千石)を賜り、

さらに上有知(美濃国武儀郡)を所領として賜りました。



織田、豊臣、徳川の三代に仕え、

その中で学んだものは?

「人間本来がもつ健康で豊かな心を自らも養い、治政に生かす以外にはない」

そう悟って、

自らを律する為に禅道に入った長近。

禅と茶の湯を通して信仰心の教化をはかり、

文化創造への道を継承させました。

そしてまた、

城下町の経営の健全化をはかり、

商工業を発展させ、

飛騨国の経済を復興させました。




。。。と、

ここまでしかまだ読んでないのですが…(´∀`;A



さて、

今日は読書の日。

土日はどうも雨脚が強くなるとか…。


梅雨らしい日が続きそうですが、

たまには難しい歴史の本なども読んでみるのもいいかも?!

飛騨の事をもっと知りたいと思った・・・


もりもっこり星人 でございましたっ


うわぁ〜Σ(┘□゚└)


もうこんな時間やっ!!


おやすみなさぁ〜いっ



JUGEMテーマ:オススメの本
 

1
  • 日付から検索
  • 宿泊プランから検索
  • 部屋タイプから検索
  • 団体のお客様はこちら(ご宿泊・日帰り)
  • お電話でのご予約・お問い合わせは0577-34-0700
  • よくあるご質問
  • メールでのお問い合わせ

公式サイト限定 ご予約特典

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

profile

hoshokakutakaraをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others



PR

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PICK UP CONTENT

高山の古い町並みまで徒歩3分

観光案内

交通案内

5つの魅力

過ごし方

お客様の声

団体プラン

トラベルウェブマガジン旅色

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 飛騨高山便り